やまかの湯


開田高原やまかの湯へようこそ

開田高原は、長野県南部の木曽・中山道の宿場街-福島宿-から車で40分程度の距離にあり、標高1,000Mを超える為、夏でも30度を超えることのない冷涼な土地です。開けた開田からは、近くに『おんたけさん』の愛称で親しまれている木曽の御嶽山を間近に眺められます。

やまかの湯は、明治の昔から高山~木曽福島の旧飛騨街道の宿場として開業いたしました。
当時は、里帰りする途中の女工さんたちや商人の宿として賑わいました。
そして、今では、中山道の宿場町を巡り、木曽馬を愛で、旨い開田蕎麦を食べに、たくさんのお客様にお越しいただいております。

やまかの湯で、温泉と木曽の素材を尽くしたお料理、女将のおもてなしをご堪能ください。

Wi-Fi

館内Wi-Fi使えます。

やまかの湯


宿紹介 女工にも愛された宿

やまかの湯のおもてなし

やまかの湯で使用している水は御嶽山の伏流水を水源としています。
そばづくりで最適な水とは、そばが本来持っている風味(香り、甘みなど)をそのまま引き出すため、ミネラル含量の少ない軟水が良いといわれています。 御嶽山の伏流水はそばづくりに最適で、硬度が10未満と極めて低く、日本でも有数の軟水です。
やまかの湯では、この伏流水を水源としてそば作りに使用し、おいしいそば作りと、貸切風呂前の休憩処で麦茶としてお飲みいただけます。

蕎麦と麦茶画像

高原野菜と信州産の美味しいお肉

おいしいそばを生むために欠かせない条件として『寒暖差』が挙げられます。昼間に成長するそばは夜の気温が低いと日中に蓄えた栄養分を貯め、おいしさを実に蓄えます。やまかの湯のある信州木曽 開田高原は御嶽山の麓標1200mに位置。その為、開田高原の寒暖差は、おいしいそばを育てるためにかかせない自然の恩恵なのです。また、この寒暖差は、野菜を育てる上でも、甘みの凝縮した野菜を培う好条件となります。

夕食イメージ

こころも彩るおもてなし

お部屋や館内には、女将や若女将が活けた開田のお花や折り鶴たちがご挨拶。 女性のかたには、フロント前に色浴衣をご案内しております。
※色浴衣は有料でのご提供です。

  • お得な宿泊プランはこちら
  • TEL:0264-44-2010

やまかの湯


温泉 開田の四季を感じる貸切温泉

やまかの湯~西野温泉を堪能~

天然温泉の西野温泉は、単純泉で、湯上がりにはお肌がツルツルする美肌の湯としても知られています。

湯あがり処イメージ

開田の四季を間近に感じる桶風呂の貸切半露天温泉

貸切温泉全体イメージ

貸切温泉は開田の四季を感じる半露天のお風呂です。
桶風呂からお湯を贅沢にこぼすようにお入りいただき、昼には遠くまでの山並みを、夜には満点の星空を眺める贅沢な一時です。
ぜひ、大切な方とご一緒にご利用ください。

●貸切風呂
・料金/1回1,500円(要予約)
・利用時間/15:00~23:00 ※45分の入れ替え制
・利用方法/チェックイン時にご利用時間をフロントまでお申し付けください。

開田の四季を間近に感じる桶風呂の貸切半露天温泉

内湯イメージ

ほんのりと木の香ただよう木造りの大きな湯船で窓からの景色を楽しめる男女内湯もご用意しております。
24時間ご利用いただけますので、朝風呂で贅沢に体を広げて心も体もリラックスして下さい。

内湯イメージ2

湯上がり処で開田素材の天然水をどうぞ

貸切風呂の入口には、御嶽山の伏流水で淹れた麦茶やお水をご用意しております。
温泉に入った後は、喉を潤して、徒然に読書でもいかがでしょうか。

麦茶サービスイメージ

湯上がり処で開田素材の天然水をどうぞ

源泉名 西野温泉(加温・循環)
源泉の温度 13.5℃
備品 石けん、シャンプー、リンス、綿棒、クシ、ドライヤー、カミソリ(男風呂)、 シャワーキャップ(女風呂)、浴衣大人用(客室)、バスタオル(客室)、タオル(客室)、歯ブラシ(客室)

周辺の温泉施設

さらにダイナミックに温泉を楽しみたい方は、御嶽山を眺めながら、茶褐色のいで湯と露天風呂のロケーションが楽しめるやまゆり荘の露天風呂がおすすめです。
当館から車で15分の距離にあります。

御嶽明神温泉やまゆり荘
  • お得な宿泊プランはこちら
  • TEL:0264-44-2010

やまかの湯


料理 木曽牛と手打ちの開田蕎麦に舌鼓

分厚いサーロインステーキをわさび醤油で~希少な木曽牛の鉄板焼き~

木曽牛のサーロインステーキ

グレードの高い夕食料理のメイン料理として、「飛騨牛」や「近江牛」「松阪牛」などの有名ブランド牛の子牛として出荷されている『木曽牛』です。
贅沢に分厚くカットした部位を、目の前の陶板でお好みの焼き加減でお召し上がり頂けます。

メイン料理を取り囲むサイドメニューには、寒暖の差が激しい開田高原で栽培された蕎麦粉と御嶽山の伏流水で打つ『手打ち開田蕎麦』。生姜醤油でさっぱりといただく『馬刺し』。
前菜には黄金のイクラとも称される水清き開田ならではの『岩魚のいくら』、『岩魚の塩焼き』をお楽しみ下さい。
※旬の素材を使用していますので、献立が変わることがあります。ご了承ください。

湯上がり処で開田素材の天然水をどうぞ

リーズナブルにご夕食をお楽しみ頂けるスタンダート料理のメイン料理には、山の幸として知られている朴葉の上で、濃厚でほんのり甘みのある朴葉味噌を絡めて、信州牛を焼き上げてお召し上がりいただきます。

木曽牛イメージ

湯上がり処で開田素材の天然水をどうぞ

ご夕食の際に、別に『岩魚の骨酒』。
そして、地酒には、『なかのりさん』の愛称で愛されている『中善酒造』の『中乗さん』や『七笑酒造』の『七笑』。
ほかでは手に入りにくい純米無濾過生原酒なども、運が良ければお飲みいただけます。

蔵元・七笑酒造株式会社
中善酒造店

岩魚と骨酒イメージ

うまみたっぷりの開田高原の高原野菜を朝食から~高原野菜のせいろ蒸し~

朝食には、朝夕の寒暖の差が激しいことで甘みが強い『高原野菜』をお客様の目の前で蒸しあげてお召し上がり頂く『高原野菜のせいろ蒸し』。

蕎麦打ち 〜100%開田産蕎麦粉×御嶽山の伏流水

素材にこだわりあり(御岳の伏流水・開田高原の蕎麦粉)
おいしいそばを生むために欠かせない条件として『寒暖差』が挙げられます。
昼間に成長するそばは、夜の気温が低いと日中に蓄えた栄養分を貯め、おいしさを実に蓄えます。
やまかの湯のある信州木曽 開田高原は御嶽山の麓標1200mに位置。 その為、開田高原の寒暖差は、おいしいそばを育てるためにかかせない自然の恩恵なのです。

蕎麦打ち 〜100%開田産蕎麦粉×御嶽山の伏流水

蕎麦イメージ

手打ちそばといえば、職人の技と思いがちですが、開田高原では冠婚葬祭の際に、大衆の食べ物として長く受け継がれてきました。その為、やまかの湯でも、女将が手打ちにこだわり気持ちを込めて毎日お客様にご提供しています。

  • お得な宿泊プランはこちら
  • TEL:0264-44-2010

やまかの湯


客室・館内 開田の四季を眺める掘りごたつの客室

開田の四季を眺める掘りごたつの客室

客室はのんびりくつろげる10畳の和室タイプのお部屋です。
全部屋の窓際に、リラックスして足を伸ばせる掘りごたつのある縁側を備えています。
また全室冷暖房完備。ウォシュレットトイレ付。
『御嶽山の雄大な姿』を楽しんで頂けるように全室が窓から御嶽山の姿を望める造りとなっています。

木の温もり感じる食堂

木のぬくもりを感じる食堂は、掘りごたつのように足を伸ばせるつくりです。
朝には障子越しに爽やかな朝日を感じて。
夕時には、ほんのりと照らす灯りの中で料理をお召し上がり頂けます。

食堂イメージ

食後のひとときを過ごす談話室

談話室イメージ

お食事の後には、大切な方と明日の旅の話を。
おひとりで静寂の開田の時を過ごすのもここだけの贅沢な過ごし方です。
お煙草を嗜む方には、こちらをご利用下さい。

湯上り処は、天然水で喉を潤し、読書でも。

貸切風呂の入口には、御嶽山の伏流水で淹れた麦茶やお水をご用意、温泉に入った後には喉を潤して、徒然に読書でもいかがでしょうか?

お土産売り場

木曽や開田の特産品をセレクトしたお土産がございます。
お食事の木曾檜のお箸や、寒暖の差をいかした甘みの強いゴーフレットもおすすめです。

館内紹介一覧

和室10畳(バストイレ付き)全8室、食堂、談話室、湯上がり処(サービスの水・麦茶)、お土産売り場

  • お得な宿泊プランはこちら
  • TEL:0264-44-2010

やまかの湯


開田高原×温故知新 開田人(カイダビト)に培われた素材を知る

開田を取り巻く文化・郷土のおみやげ・食べ物をご紹介

食で感じる開田高原

●開田高原アイスクリーム
開田の自然素材をスイーツに!

●新鮮な高原野菜

●深山の幸
岩魚・やまめを塩焼き、炊き込み飯で存分に堪能できます。

●御菓子司 田ぐち
木曾谷の初夏を感じさせる朴葉もちです。

開田の暮らしを感じる

●開田村郷土館
開田の暮らしを知れば、旅がもっと楽しくなりそう!

●木曽馬の里
開田の生活に培われた木曽馬に触れる

●赤沢自然休養林
開田の暮らしを支えた林鉄(蒸気機関車)を今に。

自然体験!高原の風を感じてリフレッシュ

●マイアスキー場
御嶽山をバックに滑降!

●御嶽山ロープウェイ
御嶽山の山麓、雲海を眼下に。

●木曽カントリー倶楽部
夏でも涼しい木曽、高原ゴルフを楽しむ♪

  • お得な宿泊プランはこちら
  • TEL:0264-44-2010

やまかの湯


周辺観光情報

きそふくしまスキー場

上級者から初心者までのコースを持つスキー場。
スキー専用ゲレンデで、スノーボードは滑走不可ですが、ファミリーの多い
スキー場となっています。

御岳ロープウェイ

御嶽山には行ってみたいけど、歩くのはちょっと・・・という方は、ぜひ
御岳ロープウェイをご利用ください!!ロープウェイに乗れば快適に御嶽山七合目まで
行くことができ、素晴らしい眺めのほか、高山植物園やお花畑も楽しめます。

こもれびの滝

百間滝駐車場より遊歩道を歩くと、最初に現れるのがこの滝です。階段のように水が
流れ落ちるその様は、すぐ近くの「不易の滝」ともまた違った涼しげな雰囲気です。
あずま屋もあるので、油木美林や付近の滝を見ながらのんびりとハイキングが
楽しめます。

唐沢の滝

福島から開田高原へ抜ける「地蔵峠」にある滝です。夏は緑の木々、秋は紅葉とともに
情緒ある風景が楽しめます。さらに雨の翌日など水量が増した時には、迫力ある美しさを
見ることも出来ます。

寝覚の床

上松町周辺は、花崗岩地帯。その地形を木曽川の流れが削り、姿を現したのが
寝覚の床です。 花崗岩特有の割れ方が、大きな箱を並べたような不思議な造形を
もたらしました。
また明治以降は水力発電や用水の引水で木曽川の水面が低下し、岩の巨大さがより
引き立っています。1923年に国の名勝に指定され、現在は県立公園特別地域です。
この地には、古くから浦島伝説が残されていることも特徴です。

御嶽明神温泉やまゆり荘

御嶽山2合目と同じ高さの大自然の中、茶褐色の湯で露天風呂と内風呂をお楽しみ下さい。
1番の特徴は茶褐色に濁った湯。本来は無色透明ですが、温泉に多く含まれる鉄分が空気に触れることで酸化し変色したものです。かけ流しならではの心地よさは時間を忘れ長湯を
してしまうほどです。

信州きそふくしま代山温泉 せせらぎの四季(とき)

豊かな効能成分の天然炭酸泉、露天風呂は黒川のせせらぎを聞きながら、内湯は檜の
ぬくもりを感じながらおくつろぎいただけます。

ふるさと体験館きそふくしま

木曽の山あいに残る、旧黒川小学校の木造校舎を活用して様々な体験ができる施設です。  郷土食そば処「四季」では、毎朝手打ちそばを作り、美味しいお蕎麦も提供されています。

奈良井宿

江戸時代、江戸と京の都を結ぶ重要な街道であった中山道。
奈良井宿は中山道34番目の宿場で、上町・中町・下町の3つの街区から構成されています。今なお日本の情緒を色濃く残す観光スポットです。

妻籠宿

中山道69次のうち江戸から数えて42番目となる妻籠宿は、中山道と伊那街道が交叉する交通の要衝として古くから賑わいをみせていました。時代が変り明治になり鉄道や道路が
新たに造られ、宿場としての機能を失った妻籠宿は衰退の一途をたどりました。
やがて昭和になり経済成長の中、江戸時代の宿場の姿を色濃く残している町並みが
見直され、ここに全国に先駆けて保存運動が起こったのです。江戸時代の町並みという
貴重な財産を後世に伝えているのです。

県宝山下家住宅・開田考古博物館

木曽谷三大持馬の家の1つに数えられている本棟造りの破風と懸魚が特徴の旧家。
囲炉裏や正座敷の書画、馬医に関する書類等、往時を偲ばせるものが多く残されている。
考古博物館:旧石器から縄文時代の土器・石器を展示するとともに、模型やジオラマを
使って、昔の開田高原の営みを紹介。

  • お得な宿泊プランはこちら
  • TEL:0264-44-2010

やまかの湯


交通情報

◆電車利用

●東京方面⇒木曽福島まで 新宿ー(中央本線)-塩尻経由・・・・・・約3時間10分
上野ー(長野新幹線)-長野経由・・・・・約3時間25分
東京ー(新幹線)-名古屋経由・・・・・・約3時間10分
●長野⇒木曽福島まで 長野ー(篠ノ井線・中央西線・特急) ・・約1時間30分
●大阪⇒木曽福島まで 大阪ー(新幹線)-名古屋経由・・・・・・約2時間30分
●名古屋⇒木曽福島まで 名古屋ー(中央西線・特急)・・・・・・・約1時間25分
●木曽福島⇒やまかの湯まで 木曽福島駅―開田高原行きバス・・・・1時間 (やまか旅館前下車 200円)

◆マイカー利用

●東京方面⇒開田高原⇒やまかの湯 高井戸ICー伊那IC-(R361権兵衛トンネル)-木曽福島・木曽大橋ー(R361)・・・約4時間
●名古屋方面⇒木曽福島
木曽福島⇒開田高原⇒やまかの湯
小牧JC-中津川ICー(R19)・・・・・・約2時間30分
木曽福島・木曽大橋ー(R361)・・・・・約40分
●高山市⇒やまかの湯 高山ー(R361)ー朝日村ー高根村・・・約1時間15分

◆高速バス利用

●新宿⇒木曽福島まで(1日2往復) 新宿西口ー高速バスー木曽福島駅前・・・・約4時間

  • お得な宿泊プランはこちら
  • TEL:0264-44-2010

やまかの湯


English

Yamakanoyu started off as a post town on the former Hida Passage of Takayama from Kiso Fukushima during the Meiji Period.
At the time, it was prosperous as a place for women workers and merchants to stay on their way to their hometowns. Currently, many visitors come here to tour the post towns on the Nakasendo route, to see the famous Kiso Horses and to enjoy the great-tasting Kaida soba noodles.
Enjoy your stay with relaxing hot springs, cuisine which takes full advantage of local Kiso ingredients and warm hospitality from the staff.

■Information

Name Yamakanoyu
Address 3109-1 Kaida Kogen Nishino, Kiso-machi, Kiso-gun, Nagano 〒397-0302
TEL/FAX 0264-44-2010 /0264-44-2300
Check-in/Check-out times 15:00~/~10:00

The natural Nishino Hot Springs are well known for being a simple hot spring which is effective in making your skin silky smooth.

■Semi-outdoor Hot Spring for Rental

The semi-outdoor hot spring which lets you experience all of Kaida’s seasons is available for rental.
Relax in a tub with overflowing amounts of hot spring water. Enjoy the distant mountains in the afternoon and the gorgeous starlit sky at night with that someone special.

■Wooden bathtubs

The large wooden bathtubs allow you to relax amidst the faint aroma of the woodlands. These baths are available 24 hours a day. Start your day off here to relax your mind and body for the exciting day ahead.

■Natural Kaida water

Barley tea made with underflow water from Mt. Ontake along with Mt. Ontake water is available after your bath in the After Bath Lounge. Quench your thirst after the hot spring and enjoy your time leisurely with an activity such as reading.

■Nishino Hot Springs

Water source Nishino Hot Spring
Spring temperature 13.5℃
Hot spring type Simple hot spring (heated, circulation type)

■Guest rooms

The guest rooms are 16.5m2 Japanese style tatami rooms which allow for maximum relaxation.
The grandiose Mt. Ontake is visible from the all guest rooms.
Each guest room has a sunken kotatsu table next to the window so you can stretch your legs out and relax.

■Dining

The dining hall gives off the warm sensation of the woodlands and the sunken kotatsu tables allow you to stretch out your legs.
A refreshing sunlight fills the dining hall through the paper sliding doors in the morning.
In the evening, enjoy tasty cuisine amidst the dimly lit lights.

■Lounge

After dining, make plans for tomorrow with that someone special in the lounge. The lounge is also a great place to enjoy the peacefulness of Kaida alone. Smoking is available in the lounge.

■Gift Shop

This gift shop offers select specialty items from Kiso and Kaida. Some recommendations include chopsticks made from Kiso white cedar and the highly sweet gaufrette cookies which utilize the local ingredients.

■Overview

Facilities 16.5㎡ Japanese tatami rooms (8 rooms in total), Dining Hall, Lounge, After Bath Lounge (free water and barley tea), Gift Shop, Semi-open Air Hot Spring for rental, indoor hot springs (men’s and women’s) and a parking lot
Room furnishings Air conditioner, bathtubs, toilet, TV and refrigerator
Amenities Towel sets, yukata robes, toothbrush kits, shampoo, conditioner, body soap, bar soap, combs, razors, dryers, shower caps, swabs

Our high quality main dinner dishes include Kiso Beef which is a famous brand of veal. For sides, we offer Handmade Kaida Soba Noodles made with buckwheat flour grown on the highlands of Kaida which features harsh temperature differences optimal for growing buckwheat as well as groundwater from Mt. Ontake.
One of our famous main dishes is the Grilled Shinshu Beef with Hoba Miso which is grilled right in front of you. We also offer a selection of local sakes such as Iwana no Kotsuzake made with char (type of trout) bones and Nakanorisan.
Fully enjoy the natural flavors of Kiso and Kaida.

■Breakfast

Highland vegetables develop a higher level of sweetness due to being grown in an area where there is a harsh temperature difference between morning and night. The Bamboo Steamer Highland Vegetables steamed right in front of your eyes brings out the sweetness of these vegetables for breakfast.

◆By train

●Tokyo⇒Kiso Fukushima Shinjuku→(Chuo Main Line) →Via Shiojiri/Approx. 3 hours and 10 minutes
Ueno→(Nagano bullet train) →Via Nagano/Approx. 3 hours and 25 minutes
Tokyo→(Shinkansen) →Via Nagoya/Approx. 3 hours and 10 minutes
●Nagano⇒Kiso Fukushima Shinonoi Line・Chuo West Line・Express/Approx. 1 hour and 30 minutes
●Osaka⇒Kiso Fukushima Shinkansen Via Nagoya/Approx. 2 hours and 30 minutes
●Nagoya⇒Kiso Fukushima Chuo West Line Express/Approx. 1 hour and 25 minutes
●Kiso Fukushima⇒Yamakanoyu Bus bound for Kaida Kogen/Approx. 1 hour (get off at Yamaka Ryokan-mae,¥200)
  • お得な宿泊プランはこちら
  • TEL:0264-44-2010

やまかの湯


  • TEL:0264-44-2010

やまかの湯


  • TEL:0264-44-2010

やまかの湯


  • TEL:0264-44-2010